プラザ1 相談先の見つけ方

発注前にチェックしよう

相談先の見つけ方

そもそも大規模修繕はどのような会社に相談・依頼をすればよいのでしょうか?ここでは大規模修繕の際、一般的に相談先となる「管理会社」「設計事務所」「工事会社」のそれぞれの得意分野、注意点などをご紹介します。

どこに相談すればいいんだろう?

管理会社の場合

管理会社
私たちは管理組合をサポートする立場として、マンションを 熟知しています。気軽に相談できるのもメリットですね。 予算管理などもできます。
シンくん
デメリットとしては、社内に修繕工事に関する部署を持っている 会社は少数なこと。そのため、管理会社のみを選択肢として 考えると競合がないので、コストが高くなることがあるんだ。
POINT
■管理会社担当者が直接管理組合をサポートできる体制にあるのか、確認しましょう。
■上記の業務が通常の管理費に含まれるのかどうかの確認も必要です。

設計事務所の場合

設計事務所
私たちは第三者の専門家として、客観的立場で相談お受けします。
建築の専門家として、工事のプランニングをしっかりと立てることができます。
ヨーちゃん
管理組合との相談や修繕設計を行う事務所も増えているとはいっても、実績の多いところは少数なの。また、専門はあくまで設計なので施工費とは別にコンサルティング費が掛かることが多いの。
POINT
■実績の数と内容を確認しましょう。
■管理組合からの相談を請け負うところでは、組合内の調整を頼めることもあります。

工事会社の場合

工事会社
私たちは施工、管理を自社で直接行うので中間マージンが掛からず、低価格で工事を行えます。また建物の診断や、適切な工事の提案もさせていただきます。
シンくん
まずは修繕を専門で行っている会社かどうか確認が必要だね。また、ネームバリューのないところが多いので、施工実績や会社の情報などを事前に調査する必要があるよ。
POINT
■会社によって得意分野が異なるので、実績を確認しましょう。
■修繕工事が本業で、ノウハウがあり適切な提案ができる会社か見極めが必要です。

↑このページの上部へ移動