プラザ2 適正時期と工事内容・種類

発注前にチェックしよう

適正時期と工事内容・種類

修繕工事の適正時期のめやす
どこに相談すればいいんだろう?
マンションに限らず、すべての構造物は建てた瞬間から劣化が始まります。建物自体の劣化や、資産価値の低下を防ぐ為に、長期修繕計画をきちんと立てて定期的なメンテナンスを行うのがよいでしょう。左図は主な修繕時期のめやすです。立地や気候条件等によって劣化の速度は異なりますので、定期的に検査をしてもらうことがオススメです。

屋上防水工事 

屋上防水工事(10〜15年)
屋上は普段上がることができないマンションが多く、劣化が発見されにくい箇所のひとつです。排水溝が詰まって水溜りができていたり、防水層の剥がれや浮き、雑草の繁殖など、多くのトラブルが潜んでいる可能性が高いため、定期的な点検が欠かせません。屋上防水の修繕方法としてはウレタン防水、アスファルト防水、シート防水などがあり、既存の防水方法によって修繕方法を選択します。

外壁改修工事 

屋上防水工事(10〜15年)
外壁のひび割れやタイルの剥離等は放っておくと、突然剥落し大きな事故につながる恐れがあります。また、ひび割れから水が浸入し建物の劣化を早めます。このようなことを防ぐために、外壁改修工事でひび割れや剥落防止のための補修や美観維持のための塗装塗り替えなどを行います。外壁改修工事は全体に足場を組んで行われるため、比較的大掛かりな工事となります。また、一時的に建物の使用制限がかかる場合もあり、施工会社に確認が必要です。

シーリング工事 

屋上防水工事(10〜15年)
シーリングとはサッシ枠と壁、コンクリート接合部などに軟性のあるシーリング材というものを詰め込むことです。劣化すると浮き上がったり亀裂が入り、水が浸入します。修繕工事におけるシーリング工事は、既存のシーリング材を撤去・清掃し、新たなシーリング材を注入します。こちらも外壁改修工事同様、足場を組んでの作業となるため、大規模修繕時に行うのがコストも抑えられ、一般的です。

バルコニー・開放廊下 

屋上防水工事(10〜15年)
バルコニーや開放廊下は、日常生活の中でも頻繁に使われる場所であり、床部分の劣化及び損傷も顕著にあらわれます。また劣化が進むと、床部分に水が溜まったり、水漏れにより下階とトラブルになるケースも見受けられます。改修時には、建設時同様に防滑性シートやウレタン施工をするのが一般的ですが、頻繁に使用する場所のため、なるべく工期短縮できるような改修方法の提案を受けることもよいでしょう。また、特にベランダ改修工事ではセキュリティ面を配慮してくれるかどうかもポイントの一つとして検討しましょう。

↑このページの上部へ移動