プラザ3:建物調査診断

発注前にチェックしよう

建物調査診断

建物調査診断は大規模修繕工事を行う際、建物の不具合箇所や劣化状況を物理的・化学的な物性試験を取り入れながら調査診断 することです。どこがどの程度改修する必要があるのかを判断し、それに基づき修繕費用の見積を作成します。大規模修繕工事を行う前提であれば、多くの会社が無料で診断をしてくれます(特殊機材を使用したり、足場を組む必要のある調査は有料の場合あり)。

調査項目例
建物調査診断
複数調査員の目視
打検用ハンマー等での打診
コンクリートの中性化深さ測定
コンクリートの推定圧縮強度測定
(シュミットハンマーにて)
塗膜付着力測定
シールのサンプリング物性試験
各部位の写真撮影記録
設備
図面、関係書類の調査
管理状況のヒアリング
修理経歴などの調査
複数調査員の目視
(現地検分で目視、外観)
必要に応じ測定
各部位の写真撮影記録

建物調査診断が終了したら、診断報告書を発行してもらいましょう。診断書はその後の見積、修繕範囲や修繕方法の提案のベースとなるものです。施工会社から診断結果の説明をきちんと受け、建物の現状をきちんと把握しましょう。


調査診断書の例[抜粋版]

↑このページの上部へ移動