用語集

  用語 意味
大規模修繕工事 マンションを維持し老朽化を防止するために、長期修繕計画に基づいて工事すること。屋上防水、外壁補修、バルコニーや共用廊下の修繕などを行う。足場やシートで囲って工事を行うのが一般的です。
建物調査診断 適正な改修計画を立案ため、現状建物の不具合箇所・劣化進行状況(建築、設備、外構)を物理的・化学的な物性試験を取り入れながら調査すること。
長期修繕計画 マンションを長期にわたって維持・管理するための計画のこと。これを基に大規模修繕の費用や修繕積立金を計算するのが一般的。
チョーキング 塗装の表面が紫外線により劣化し、白く粉化した状態のこと。白亜化とも言う。
トップライト 最上階の廊下やバルコニーなどの屋根に設けられた採光用の窓。
塗膜防水 主にウレタン系の液体を塗布し、シームレスな防水層を形成する防水工法。複雑な形状にも対応でき、見た目もなめらかなのが特長。
ドレイン 屋上やバルコニーなどの排水口のこと。ここが落ち葉やゴミなどで詰まっていると、漏水の原因にもなるので定期的な清掃が必要です。

↑このページの上部へ移動