実際の工事の記録

2010年3月27日「大規模修繕工事 工事説明会」実施

住民説明会資料は30ページにも及ぶボリュームですが、カラーでイラストなどもふんだんに使ってあり分かりやすい内容。初めての住民にも理解しやすいよう、説明の順序にも配慮がなされています。補助錠の貸し出し、センサーの設置、ベランダでの洗濯物干しに関することなど、一見細かいようですが、安心安全につながる重要なポイントです。参加者は、マンション大規模修繕工事委員会、住民、監理者、施工者(工事責任者・工事担当者)。工事担当者の話し方が上手く、全体的に明るい雰囲気で進められました。

実際の工事の流れ 一覧へ戻る

↑このページの上部へ移動